歯科に欠かせない器具

歯科診察に使われる器具1

歯科器具のエキスプローラー

歯科医院では非常に多くの器具が毎日使われています。その中でも、エキスプローラーは患者さん1人1人に対して使われるので、多くの数が揃えられています。エキスプローラーは探針とも呼ばれていて、持ちての先が細長い針のような設計になっています。歯科医院にはなくてはならない器具で、歯と歯の間にはさまった汚れを取り除いたり、虫歯の状態を確認するために使われます。針と書くと痛そうなイメージがありますが、歯を突き抜けるほど鋭いわけではなく、あくまで状態をチェックするためのものです。歯の溝に詰まってしまった汚れを取るのにも使われます。

診察に多用エキスプローラー

柄の部分から先端に向かって細く、先の部分が釣り針のように曲がった器具がエキスプローラーです。歯科診査に用いるもので、歯にはさまった歯垢や食べ物のかすなどの汚物の除去、虫歯などで歯にできた穴や溝の深さを調べる時、治療で詰め物をして詰めた箇所を成形する時などに用います。先端のカーブは使用する場所や方法によってさまざまな大きさのものがあり、使用によってカーブが損なわれないような強度の強いものになっています。先端は口腔内に刺さったり、傷つけたりしないよう丸い構造になっています。歯科診察では必ず用いられるもので、手の入らない細かな診査を行うものです。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科診察に使われる器具1 All rights reserved